パソコン自動化で稼ぎましょう。

iMacrosでパソコンを自動化して稼ぐ方法を紹介します。

カテゴリ:imacros

マクロを長々と書きすぎると、編集するのに困るばかりか、Playしてみても重くて動かないことが多いです。・゚・(ノД`)・゚・。ですので、1つのサイトに1つのマクロを基準として作成しましょう。

マクロ同士を連結するのに必要なコマンドはこれデス!(●・w・●)ゝ
URL GOTO=http://run.imacros.net/?m=(マクロの名前).iim
マクロの最後にこれを書いてあげると、指定したマクロを実行するようになります。
様々な場面で利用できるので、うまく応用してみましょう(`・ω・´)!

*使用例*
VERSION BUILD=7601105 RECORDER=FX
TAB T=1
'たくさんたくさん
'マクロを書いて書いて(´-∀-`;)
'最後に!↓

URL GOTO=http://run.imacros.net/?m=#Current.iim

楽天カードは年会費無料(∩╹∀╹∩)❤作るだけで5000円分のポイントがもらえます。


extract


iMacrosの優れた特徴の1つとして、「変数」を使用することができるという点が挙げられます。変数とは自由に書き換えたりすることができる文字列のことです。今回はホームページからある文字列を抽出して、変数に入れる技術を紹介します。

文字列を抽出するのに使うコマンドは、EXTRACTです。具体的に下記のように使用します。

TAG POS=1 TYPE=A ATTR=HREF:http://www.○○.jp/item/link/* EXTRACT=HREF
(http://www.○○.jp/item/link/~が含まれる1番目のリンクを抽出)
SET !VAR1 {{!EXTRACT}}
(抽出したリンクをVAR1に注入)
URL GOTO={{!VAR1}}
(VAR1のURLに(∩╹∀╹∩)GO!)


EXTRACTを知らなくても、上記のようなことは可能ですが(「iMacros 日替わりのクリック画像に対応するマクロ」参照)、もっとマクロ作成の幅が広がるのではないでしょうか( ´^ิ∀^ิ`)

また、このままではマクロを開始する際にポップアップが出てくるので、それをストップしてあげましょう。SET !EXTRACT_TEST_POPUP NOをVERSIONのあとに書いて上げればダイジョ――(`・д・´)――ブですよ。

 私は、ブログの10番目あたりにでてくるURLを抽出して、ひたすら色んなURLを巡り廻るマクロを眺めながら遊んだりしていますヾ(◉ฺ∀◉ฺ。ฺ)ノ
 それを応用すると、ブログのいいねボタンを押して回るマクロが作れたり、SNSでは友達申請をして回るマクロが作成できたりするかもしれませんね,。・:*:・゜’( ☻ ω ☻ )。・:*:・゜’やりすぎはBANされるので注意です。

****************************************************************************************
(∩╹∀╹∩)!登録してお小遣いを貯めよう!(∩╹∀╹∩)
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

Adobe-Flash
iMacrosはHTMLには良く対応しているけれども、Flashにはあまり対応できていませんね。Flash内のボタンを押しても何も記録してくれていないことがよくあります。しかし、ポイントサイトではFlashのゲームで遊ぶとポイントが貯まることがあります。何とかしたいです(*`ロ´*ノ)ノ!

記録の方法を変えて見ましょう(∩╹∀╹∩)!
click mode
Recタブの真ん中にあるClick Modeをクリックしてみましょう。新しいウィンドウが開きます。click mode2

何やら英語で書かれていてムズヵスィィ━━((゚Д゚))━━━━!!ですね。とりあえず、デフォルトでは「Select the best click mode automatically」になっていますが、一番下の「Use X/Y positon」に変えましょう。
普通、記録は「どの画像をクリックした」、「どのリンクをクリックした」と記録されますが、この変更により、HP内のどの場所をクリックしたかだけが記録されます。HTMLで書かれていないFlashでもこれによって対応することができマス(。・∀・。)b※一部それでも動かないFlashもあります。

また、クリックが連続で続く時は、WAIT SECONDS=秒数を使ってあげましょう。
その秒数だけ待ってくれます。WAIT SECONDがなければ一瞬でクリックが終わってしまいますからね。゚(●'ω'o)゚。うるうる

****************************************************************************************
(∩╹∀╹∩)!登録してお小遣いを貯めよう!(∩╹∀╹∩)
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

iine
よくみかけるこれ。(・∀・)イイネ!!ボタンですが、最近のポイントサイトではいいねボタンを押したらポイントが貯まることもあります。ボタンの入力は少し方法が異なります。

TAG POS=1 TYPE=LABEL ATTR=ID:○○○

(・∀・)イイネ!!ボタンを押す操作を記録してみると、このようなマクロになります。TYPEがIMGではなくLABELになってるんですね。これらラベルボタンという意味です。そのID(まぁ名前ですね( ☻ ω ☻ ))が○○○になっています。ボタンによってIDが異なるので注意です。「iMacros 日替わりのクリック画像に対応するマクロ」で紹介した技を応用しましょう。

TAG POS=1 TYPE=LABEL ATTR=ID:

IDを*にして、何がきてもc(´ω`o)ォヶにしてあげましょう。あとは、

TAG POS=1 TYPE=LABEL ATTR=ID:
TAG POS=2 TYPE=LABEL ATTR=ID:
TAG POS=3 TYPE=LABEL ATTR=ID:
TAG POS=4 TYPE=LABEL ATTR=ID:

と並べてあげれば、HP内のいいねボタンを押しまくってくれます(人・㉨・)
Facebook内でやりすぎるとBANされるので注意ですね。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

****************************************************************************************
(∩╹∀╹∩)!登録してお小遣いを貯めよう!(∩╹∀╹∩)
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ


CLICK
CLICK
CLICK
このように同じ画像が並んでいた場合は、POS=1、POS=2、POS=3とPOSの値を変えてあげれば対応できることは先回の記事で紹介しました。

では、ことなる画像が並んでいた場合はどうしましょう。そしてその画像が日によって変わったりした場合は・・・?POSではとても対応できそうにありません。
実際、クリックポイントはそのような場合が多いです。私達もそれに対応できるマクロを作る必要があります。

今回使用するのは・・・。・:*:・゚’ฺ☂ฺ(。・ˇ∀ˇ・)ノ ○o。+..:*
「*」
です。お菊さんではありません。「*」は「まぁその後ろは適当に(人'д'o)ネッ」という意味です。試しに使ってみましょう。

TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=SRC:http://www.marumaru.jp/img/aa/bb.gif


これは、http://www.marumaru.jp/img/aa/bb.gifという画像をクリックするマクロです。bb.gifが画像ファイルです(o´・ω-)b ネッ♪この画像ファイルが毎日変わるという状況を想定しましょう。画像ファイル名は気にしないで、クリックしてもらうには、

TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=SRC:http://www.marumaru.jp/img/aa/


とすれば( `д´)b オッケー!です(もちろん半角にすること)。
これで毎日日替わりするクリックポイント画像にも対応できるマクロができました。


****************************************************************************************
(∩╹∀╹∩)!登録してお小遣いを貯めよう!(∩╹∀╹∩)
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

このページのトップヘ